AV

神待ち巨乳JKを監禁!黒ずんだデカマラで教育指導したらがに股騎乗位で快感貪る牝になりました

母の再婚から家に居場所を無くした女子高生は援交の常習犯。その日JKは自宅に泊めてくれる男性を神待ちしていました。泊めてくれる代わりに躰の要求はあれるであろう、と予感しながら、スマホに連絡をくれた男性宅を尋ねると、予想より激しすぎる陵辱が待っていました。巨乳JKの若い躰を舐り、これまで何人の女性を喰ってきたのかわからないほど黒ずんだ極太マラで強制イマラチオされました。まるでオマンコのように容赦なく喉奥をガン突きされ思わず吐いてしまいそうでした。援交を繰り返していたJKはもちろん処女ではなかったのですが、男のペニスがあまりに大きく荒々しく責められたので激痛に泣いてしまいました。けれども、オマンコが男の大きさに馴れてくると痛みが快感に変わり始め、気づいた頃にはがに股騎乗位で自分で腰を動かすほど、男の黒づんだ極太チンポが大好きな牝になっていました。

本日の記事はこちら